たくさんある美白化粧品の中でも本気でシミを消したい人におすすめしたい美白クリームは次の3つです。

自分の肌に合ったシミ取りクリームを選んで、シミのない美しい肌を目指してくださいね

1.これがシミを消すオススメの美白クリーム

サエル

 

これまで美白の効果が出にくいとされていた敏感肌・乾燥肌専門に作られた美白クリームです。敏感肌・乾燥肌の弱った肌バリアの代わりに、特許取得技術の「ヴァイタサイクルヴェール」という特別なバリア層で守りつつ、美白効果を高めてくれます。
敏感肌・乾燥肌の悩みもシミの悩みも一気に解決することができるという敏感肌・乾燥肌にとっては、理想の美白クリームです。

 

サエル

オトクなトライアルはコチラ

アンプルール

 

アンプルールの美白クリームには、肌の漂白剤と呼ばれているほど美白効果が高いハイドロキノンが配合されています。
従来のハイドロキノンを安定化することで、肌への刺激や劣化しやすいというハイドロキノンのデメリットをなくして、安全で使いやすいものになっています。
すでにできてしまったシミを確実に消すことができるというハイドロキノンの高い美白効果はそのままなので、今あるシミを取りたい人には特におすすめのシミ取りクリームです。

 

アンプルール

オトクなトライアルはコチラ

HANAオーガニック

 

HANAオーガニックの美白は、オーガニック業界初の天然100%のオーガニックホワイトケアができる「ホワイトジェリー」です。
ホワイトジェリーは、肌のターンオーバーを促進する濃縮オーガニックローズに8種類の和漢植物エキスを配合した美白美容液です。
100%オーガニックのホワイトジェリーは、、美白特有のピリピリや乾燥が起きたりすることもなく、和漢の巡りと鎮静の効果によってメラニンが作られないように働きかけて、根本からシミを改善へ導いてくれる美白美容液です。

 

 

HANAオーガニック

オトクなトライアルはコチラ

2.シミが消えた!自分に合った化粧品・使い方でシミ取りはできます!

シミを消すためには、美白効果が高い成分がとにかくたくさん配合されているものを使うことしかないと思っていませんか?
実は、シミを消すために一番効果的なのは、自分の肌に合った化粧品を効果的に使うことなんです。
自分の肌に合った化粧品を効果的に使うことで、今できているシミだけでなく、肌の中に潜んでいるシミ予備軍が姿を現さないようにしっかりケアすることができるのです。

3.これまでの美白化粧品で効果が出なかった理由

 

どうしても消えなかったシミには、消えなかった理由があります。
これまでも美白化粧品を使っていたけれど、シミが消えなかった!
という人は、次のようなことが原因かもしれません。

 

敏感肌・肌が弱いまま美白しようとしていた
濃いシミに効果の弱い美白成分を使っていた

 

敏感肌の美白はどうすればいいの?
濃いシミに効果のある美白成分って?
など、これまで使っていた美白化粧品で
効果が出なかった理由も
含めて対策をまとめてみました。

 

3-1 敏感肌・肌が弱いまま美白しようとしていた

美白効果が高い成分は、同時に刺激が強い成分であるため、肌があまり強くない人が使うと炎症が起こり、それが原因でさらにシミを増やしたり、濃くすることになってしまう可能性があります。
敏感肌だったり肌が弱いと自覚している人は、敏感肌専用の美白をする必要があります。
けがや何年も前の思春期ニキビが原因のシミは、美白効果の強い成分で薄くしたり消すことが可能です。
そうでないシミが消えない場合は、肌が強くないことを疑ってみてください。
肌は強いはずなのに、美白効果の高い美白成分が効かなかったという場合は、シミの種類が化粧品で消えるシミではないのかもしれません。

3-1-1 けがや何年も前の思春期ニキビが原因でない場合は肌が強くないことを疑った方がいい

美白化粧品を一生懸命使って美白をしているのにも関わらず、シミがなかなか消えない場合や逆にシミが増えてしまうような場合は、敏感肌が原因になっていると考えられます。
敏感肌とは、肌のバリア機能が弱っている状態、つまり肌が弱っている状態です。
ですから敏感肌は、肌のバリア機能が弱っているために、ちょっとした刺激で炎症を起こしやすかったりします。
炎症から肌を守るためにシミの原因となるメラニンが過剰に生成されてしまうために、シミができやすく、一生懸命美白をしても美白が追いつかない状態なのです。
敏感肌だとシミが消えにくくなるのは、炎症と過剰なメラニンの生成が常に繰り返されているからです。
もしかしたら敏感肌かもしれないという場合は、美白ケアをする前にバリア機能を回復させて炎症を起こさない肌作りをすることが先決になります。

 

3-1-2 化粧品で消えるシミ・消えないシミ

実は、シミには美白化粧品で消えるシミと消えないシミがあります。シミ対策を行う前に、今できているシミが化粧品で消えるシミなのか、それとも消えないシミなのかを確認してみてください。

 

次のようなシミは化粧品で消える種類のシミです。
【老人性色素斑】
これまで浴びてきた紫外線の影響によって蓄積したメラニンが表面化してできるシミです。円形で境目がはっきりしています。
多くの女性が20代後半ごろから30代半ばごろに気づくこのタイプのシミは、最も一般的なシミの1つです。
【炎症性色素沈着】
けがやニキビなどの跡が色素沈着したものです。
一時的にできるものは、ほとんどが表面的なものなので、消えたら再発することはありません。
アトピー性皮膚炎などによって慢性的に症状が続いているような場合は、消えないシミになってしまう可能性があります。
次のようなシミは、化粧品で消えない種類のシミです。
【アザ・母斑】
アザは、医学的に「母斑」といわれるもので、生まれつきのものが多くなります。種類としては、青アザ、茶アザ、赤アザ、黒アザ、白アザがあり、白アザ以外の主な治療法はレーザー治療になります。
【肝斑】
紫外線以外にも女性ホルモンなどの影響によってできるとされているシミです。境目がはっきりせず、左右対称に広範囲にできるのが特徴です。様々な原因が複合的に絡まり合ってできてしまうシミのため、治療が難しいのが特徴です。
【そばかす(雀卵斑)】
子どもにできるそばかすは、正式には雀卵斑といいます。
遺伝によるもので、思春期が終わる頃になると自然に消えていきます。大人になっても消えないそばかすは、紫外線や間違ったスキンケアなどの影響が原因と考えられます。

大人になってからできたそばかすは、遺伝性のものではない可能性が高く、紫外線由来のものは化粧品で消すことができます。
シミに悩む30代以上の女性に最も多いのは、上記項目のいちばん上「老人性色素斑」です。一般的に「シミ」と呼ばれているのも、この老人性色素斑を指すことが大半です。
上記の中で、化粧品によって最も簡単に消せるシミが、この老人性色素斑なのです。また、化粧品で消える主なシミのもう1つ、「炎症性色素沈着」は、本人が原因をはっきり自覚していることが多いのが特徴です。長く残ったけがや、何度も同じ場所に繰り返したニキビ、やけどなど、他の場所に同じようなシミが見当たらないものは、このタイプかもしれません。
凹凸がなければ、強い美白成分で消すことができる可能性が高いシミです。

3-1-3 化粧品で消えるシミはすべて肌ダメージが原因

このように化粧品で消えるシミは、すべて外部から肌がダメージを受けたことが原因になっています。肌にダメージを防ぐ力があれば、半分以上のシミは事前に防いだり、自然に排出することが可能なのです。
つまり、シミができる肌は、ダメージを受けやすい肌であると言えます。このため化粧品でシミを消すには、肌がダメージを受けにくい状態にしたうえで、肌ダメージを回復し、メラニンが過剰に生成されない状態を作ることが必要になります。

3-2 濃いシミに効果の弱い美白成分を使っていたから

肌の状態が健康なのに美白化粧品の効果が出ずシミが消えないという場合は、美白効果が低い美白成分が配合されたものを使っていることが原因です。できてしまった濃いシミに対しては、強い美白還元作用がある成分を使うことが必要になります。
メラニンの生成を抑制するような作用のある成分が配合されている化粧品には、シミを予防する効果しかないため、できてしまったシミを消すことはできません。
シミの種類としては、炎症性の色素沈着の可能性が高いです。

・自分の肌に合ったものを選ぶこと
・消したいシミに効果があるものを使うこと

このため、シミを消すための美白クリームを選ぶ時は、
の両方をしっかりチェックして選ぶことが大切になります。

4.シミを消すための美白クリームの選び方

シミに対する効果が高くても、自分の肌まで攻撃してしまうような成分を使ってしまっては、
逆に肌にダメージを与えてシミを増やしてしまう可能性があります。

このため、シミを消すための美白クリームを選ぶ時は、

・自分の肌に合ったものを選ぶこと
・消したいシミに効果があるものを使うこと

の両方をしっかりチェックして選ぶことが大切になります。

4-1 シミ取りクリームでシミを消す方法は大きく分けて3種類

@シミの表面化を止める
Aシミを追い出す
Bシミを漂白する

・・という3つの方法があります。

4-1-1 シミの表面化を止める

若い頃に浴びた紫外線の影響でできてしまったメラニンが蓄積されて、いつの間にかシミが表面化してしまうのを止めること、奥に潜むシミを消す効果があるシミ取りクリームがあります。
シミの表面化を止めるためには、メラニンの生成を防ぐ効果のあるビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸などの成分が配合されているものがおすすめです。
メラニンの生成を抑制する作用の中でも、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸は、メラニンを作るチシロナーゼという酵素の力を弱めることで、シミの表面化を防ぎます。
カモミラETやトラネキサム酸は、メラノサイトにシミを作るように指示をする情報伝達物質を抑制して、シミの表面化を防ぎます。

4-1-2 シミを追い出す

肌には本来、できてしまたシミを追い出すことができるターンオーバーという力が備わっています。ターンオーバーとは、古い角質がアカとなってはがれて新しく生まれ変わることです。
シミを追い出すためには、このターンオーバーがきちんと行われることが大切です。
年齢とともにシミができやすくなってしまうのは、このターンオーバーの期間が長くなったために、なかなか古い角質がはがれ落ちずに残ってしまうことが原因です。だからといって、ピーリングなどで無理にターンオーバーの周期を早めたりしてしまうと、今度は敏感肌になってしまうため大変危険です。
自然にシミを追い出すためには、ターンオーバーを整えて、肌本来の力を引き出すことが重要になってきます。
肌の生まれ変わりを助けるプラセンタや抗酸化力が高い成分が配合されているシミ取りクリームを活用することで、肌のターンオーバーを整えてシミを追い出すことが可能になります

4-1-3 シミを漂泊する

すでにできてしまったシミは、追い出すか漂白するかしかありません。シミを漂白するためには、メラニンを還元する作用がある成分が配合されているシミ取りクリームを選ぶ必要があります。
メラニンを還元する作用がある成分は、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。特にハイドロキノンは、メラニンを還元する効果が高く、肌の漂白剤と呼ばれることもあります。
ハイドロキノンは2001年の法改正までは、医師の処方の元でしか使用できなかった、大変扱いが難しい成分です。光に弱く、すぐに酸化してしまうため、肌に危険な作用を及ぼすこともありました。化粧品に配合されるハイドロキノンは、全成分中5%未満に抑えてあります。それでも大変効果の高い成分なので、肌への影響が心配な人は「新安定型ハイドロキノン」を選ぶようにしましょう。

4-2 色素沈着系の濃いシミ

メラニンによる色素沈着で濃くなってしまったシミに最も効果的な方法は、ハイドロキノンによるメラニンの漂白をすることです。

 

ハイドロキノンには、次の3つの作用があります。
@シミの原因になるメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を阻止する。
Aメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞に働きかけて、メラニンの生成を阻止する。
Bできてしまったメラニンの色を薄くする。

 

 

特に注目すべきなのが、Bの「できてしまったメラニンの色を薄くする」酸化したものを還元する作用です。
このBの還元作用があるために、ハイドロキノンは、色素沈着した濃いシミを薄くすることができるのです。

4-3 敏感肌・乾燥肌等弱い肌の美白

敏感肌や乾燥肌などの肌が弱い人の場合は、美白効果が高い成分が配合されているものは逆効果になる可能性があります。
まずは、肌のバリア機能を回復してから美白をすることが美白への近道になります。

4-3-1 ダメージブロック・肌回復をしてから美白

敏感肌や乾燥肌は、シミができやすく、美白効果が出にくい肌環境です。敏感肌や乾燥肌は肌のバリア機能が弱っています。
そのため、荒れた角質層の間からは、紫外線などの外部刺激が入りやすく、メラノサイトが攻撃されてメラニンが過剰に生成されやすくなります。
また肌内部では、外部刺激による炎症が起き、角質層の隙間からはお肌に必要な水分がどんどん抜けていくという危険な状態になっています。敏感肌や乾燥肌が、健康な肌に比べてシミができやすいのは、このようにバリア機能が弱ってしまっいることが原因なのです。
このような肌トラブルをかかえている敏感肌や乾燥肌は、セラミドや抗炎症作用がある成分が配合されている、敏感肌専用の美白化粧品で、肌バリアを回復しつつ美白することがおすすめになります。

4-3-2 肌の総合的な回復による排出

敏感肌や乾燥肌にとって、美白効果が高すぎるハイドロキノンのような成分を使うことは肌を荒らす原因になってしまいます。
敏感肌や乾燥肌は、総合的に肌を回復させながらもメラニンを排出する必要があります。
一般的に天然成分は、その刺激の少なさから、効果も穏やかであると思われがちですが、きちんと目的に合った成分や配合で作られている化粧品ですと、相乗効果で本来の力以上の結果に導いてくれることも少なくありません。
天然成分でありながら、高い美白効果を出せるのは、ビタミン類を豊富に含み、植物性プラセンタの美白効果も期待できるローズエキスです。

4-4 それぞれのメリットデメリット

美白成分や化粧品には、それぞれメリット・デメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に合ったものを選ぶことがシミを消すことに直結することになります。

ハイドロキノンのメリットは、肌が強い人が上手に使えば確実に今あるシミを消すことができることです。数ある美白の中でも最も現在のシミに効果を発揮できる成分と言えます。
デメリットとしては、強力すぎて肌が強い人でも使い方が難しく、品質が劣化しやすいということが挙げられます。
普段通りのメイクやUVケアでの日中使いは現実的ではなく、夜間使用のみでも、赤みやかゆみが出るという報告もあります。
5%以上の配合になると、白斑の危険性もあり、素人判断では使用できません。

 

敏感肌や乾燥肌がダメージをブロックした後に美白をする場合、オーガニックと同じように、自分の肌でシミを解決できるというメリットがあります。またビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶと、ハイドロキノンには劣るものの、シミ還元作用があり、刺激もほとんどなくシミ消し効果が期待できます。

 

しかしバリア機能が回復するまで、美白は後回しになってしまいます。また、バリア機能が回復するまでの間にさらにダメージを受けてしまう可能性もあります。

 

オーガニック化粧品には、自然の力を利用して肌本来の力を引き出し、シミを追い出すことができるというメリットがあります。
肌自体が健康になるので、化粧品を変えてもUVケアをきちんとしていれば、シミのない肌を保つことができます。
一方、効果を実感するまでが遅く、総合的なケアを考える必要があるというデメリットがあります。オーガニックの化粧品を使っていても、強力なケミカルUVを使っていてはあまり意味がないと言えるでしょう。
従来の美白化粧品には、このようにデメリットがあるものも多かったのですが、美白化粧品の開発が進んで、デメリットをカバーしたシミ取りクリームが登場しています。

5.従来の美白化粧品のデメリットをカバーしたシミ取りクリーム

従来のハイドロキノンは、肌への刺激が強すぎたため、赤くなったり腫れたりと炎症が起きてしまうケースが多く、美白のために危険を冒す必要がありました。
せっかく美白化粧品を使ってきれいになろうと頑張っているのに、肌荒れを起こすことは避けたいですよね。
そこでリスクなく使える従来の美白化粧品のデメリットをカバーしたおすすめのシミ取りクリームをまとめてみました。

 

新安定型ハイドロキノンで
刺激を抑えたアンプルール

ハイドロキノンは、美白効果が高い反面刺激が強い成分だったのですが、従来のハイドロキノンを安定化させることで刺激が少なく安全なものにしたのが、アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」です。
この「新安定型ハイドロキノンは」は、酸化しにくく湿度や熱にも強くなっているため、すぐに劣化してしまう心配もありません。よくあるハイドrキノン商品は、刺激が強いハイドロキノンを使っているため配合が1%〜2%未満と微量ですが、アンプルールの新安定型ハイドロキノンは安全性が高いため、2.5%と高配合です。
シミを消す効果については従来通り効果が高いものになっているため、すでにできてしまったシミを消したい人には特におすすめのシミ取りクリームです。
こっくりとした使い心地で、シミにピンポイントに使うことができます。
アンプルール

オトクなトライアルはコチラ

特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」で
外的ダメージから肌を完全に守るサエル

「サエル」は、ポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌専門ブランド、ディセンシアによって開発された美白化粧品です。これまでの敏感肌や乾燥肌の美白では、ダメージを受けながら肌を回復し、肌が力を取り戻してから美白という長い道のりのため、「敏感肌・乾燥肌は美白ができない」と思われがちでした。
サエルは、敏感肌・乾燥肌の弱ったバリア機能を代わりをする特別なバリア膜「ヴァイタサイクルヴェール」を採用することで、外的ダメージから肌を守りながら肌を育て、美白をすることが可能です。
この技術によって、敏感肌・乾燥肌特有の症状をじっくりと改善しつつ、美白することができるようになったため、敏感肌・乾燥肌がより早く、刺激を感じることなく美白を実感することができるようになったのです。
サエル

オトクなトライアルはコチラ

濃縮オーガニックローズと
和漢植物エキスによる天然100%の
オーガニックホワイトケアを実現させた
HANAオーガニック

ありそうでなかった天然100%のオーガニック美白化粧品。
HANAオーガニックの「ホワイトジェリー」は、オーガニック業界初の美白化粧品です。
従来の美白ように単にシミを叩いて白くするのではなく、濃縮オーガニックローズと和漢植物エキスによって肌の炎症を鎮めて、くすみが作られない健康な肌に導いてくれるのがホワイトジェリーの特徴です。また、和漢ブレンドエキスの中に含まれている朝鮮アザミは、アルブチンの5倍のメラニン抑制効果があることで有名です。
「肌にやさしい」と「パワフルな美白効果」を同時に実現することができたのは天然100%だからこそできること。
内側と外側の両方から働きるオーガニックならではのホリスティックな働きで、肌を再生し、シミを排出してくれる効果が期待できるこれまでにはなかった美白美容液です。
HANA

オトクなトライアルはコチラ